ホームページ作成サービス  個人事業者・フリーランス・自営業専門

トップページ サービス概要 作成料金 作成実績 作成の流れ お問合せ
 

良いホームページを作るコツB!

お客様に良い印象を与えられて、お客様にとって使いやすいホームページを作成したいですよね? そして、作成したホームページにたくさんのアクセスを集められればとても良いホームページと言えます。 ここでは、良いホームページを作るコツ!をご紹介します。ぜひ参考にしてください。
 

 良い印象を与えるホームページを作るコツ

デザイン性が良すぎる必要はないですが、お店や会社のホームページはお客様にとって見やすいものでなくてはなりません。

良い印象を与えるホームページを作るコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 
基本は白色系がベター!
 
white01
 

お店や会社のホームページでは、清潔感があるというイメージを与えることが重要だと思います。

「純白、白雪、真っ白、、、」なんだかキレイだなぁ!と感じてしまいませんか? 白色というのは、人に自然と清潔感を与えてくれる色になります。

また、本屋さんにある書籍のほとんどは、白紙に黒字で書かれていて読みやすいですよね。 もしも逆に、黒紙に白字で書かれた本だったら、、、読むのにとても疲れてしまうと思います。

ホームページも書籍と同じで、白地に黒文字で作成した方が文章が読みやすくなります。 モニターで文章を読むの方が、本を読むよりも疲れてしまいますので、 基本は白色系にしておいた方がベターだと思います。

 
 
テーマカラーを決める!
 
themecolor01
 

色は、人に自然とイメージを与える力を持っています。

たとえば、白色は清潔さ、水色は涼しさ、オレンジ色は暖かさ・・・といった感じで、 色によって人はさまざまな印象を受けることになります。

ホームページを作成する際、ホームページのテーマカラーを決めておくことは大切です。 ホームページを見てくれる人にどんな印象を与えたいか?ということをよく考えて決めていきましょう。

また、お茶を販売しているお店のホームページなら、 「緑」系のホームページにすると、 「お茶」のイメージを持ってもらいやすくなります。 このように、ホームページを見てもらい、業種や商品などをイメージしてもらえるようにテーマカラーを決めるのも1つの方法ですね。

 
 
文字の色の使い方!
 
lettercolor01
 

文章の読みやすさを考えると、「白背景+黒文字」が基本であると思います。書籍もそうなっているのが普通ですよね。 そして、重要な箇所は「赤文字」にすると大切な文章と認識してもらいやすくなります。 黒文字と赤文字をメインすれば良いですが、 使い方によってはもう一色くらいは使っても良いかもしれません。

また、リンクは「青文字+アンダーバー」(これはリンクではありません。笑。)が一般的です。 日本のホームページやサイトの多くはそのようになっていますので、経験的にリンクと判断してもらいやすくなります。

文字の色の使い方については、何よりも文章の読みやすさを第一に考えて、 あまりカラフルになりすぎないように注意しましょう。

 
 
記号をうまく活用する
 
symbols01
 

画像を多く使っているホームページは、見た目(デザイン性)は良いものが多いですが、 重たいホームページになってしまう可能性があります。重たいホームページというのは、 表示するのに時間がかかってしまうサイトです。 私は、なかなか表示されないとイライラしてすぐに閉じてしまします。。。

記号(●・◆・★・■など)を組み合わせてホームページを作成すると、 軽いサイトにすることができます。記号は画像ではないので、重たくなりませんし、使い方によっては見た目も良くすることができます。

また、検索エンジンは「文字」にヒットするので、画像ばかりのホームページだとひっかかりにくくなる可能性があります。 記号もうまく活用して、軽くてサクサク表示されるホームページを作成していきましょう。

このサイトでも「記号」をたくさん使用していますよ!

 
 
高級感や技術力を表現する!
 
high-quality01
 

ホームページは、お店や会社の「顔」であるため、雑に作られてしまっていると、 実際のサービスや仕事などの品質が悪いのではないか?と、 マイナスのイメージを持たれてしまう可能性があります。

そのため、ホームページはキレイな方が良いと思います。見た目の良いホームページを作るには、 画像の使い方がポイントです。

たとえば、シルバー系の画像を使うことによって「高級感」を表現することができます。

 
silver01
 
また、「立体的」な画像を使用することで、技術力があるという印象を与えられます。

良いイメージを与えることができる画像をうまく選ぶことで、高級感や技術力を表現していけるのでぜひ取り入れていきましょう。

Copyright ©2018 ホームページ作成 はなさかす All rights reserved.